お問い合わせ

Blogブログ

2020年12月28日#アモールノビタス DAY2:ノビタスしか勝たん!

皆さんこんにちは!学生インターンの大久保です。

突然ですが、皆さんはこれまで、どのようなアルバイトを経験されてきましたか?
私は、飲食店でアルバイトをした経験はありますが、オフィスでインターンとして働くのはノビタスが初めてです。しかも、実はノビタスで働き始めてからまだ3ヶ月の新米インターンなのです……。

 

そこで、本日の#アモールノビタスは「ノビタスで働いて良かったこと~インターン編~」と題し、私がノビタスをインターン先に選んで良かったと感じる3つのポイントをご紹介したいと思います!

 

#アモールノビタスとは
“ノビタス”とは、ラテン語で「創造的」を意味します。創造的に製品・サービスを開発し、お客様に届けていく、という思いを込めて、代表の羽田野社長が命名しました。そして、ラテン語で「愛」を意味するのが“アモール”。ノビタスで新米インターン生として働く私が、「愛(アモール)」をもって会社の魅力をお伝えし、皆様にもノビタスを愛していただきたいという思いから、タイトルにさせて頂きましたこの企画をスタートしました。

 

さあ、それでは参りましょう!

 

ノビタスで働いて良かったこと、その一!
“個人のスキルアップに見合った仕事にチャレンジできる”

先ほども申し上げた通り、私はまだノビタスで働いて間もないひよっこです。ですが、このようにブログの運営を任せて頂いています。ノビタスでは、採用面接の際に、一人一人の伸ばしたいところをしっかりヒアリングし、個人のスキルアップに見合った仕事を任せてくれるのです。また、同じオフィス内に社員とアルバイトが働く環境なので、自分が社会で働くイメージを掴むことができるのも嬉しいポイント。

 

ノビタスで働いて良かったこと、その二!
“シフトがとってもフレキシブル”

ノビタスでは、「学業最優先」を前提に、柔軟にシフトを組んでもらえます。
私自身、新型コロナウイルスの影響で、今年度いっぱいはオンラインでの授業が決まっていますが、大学の状況に応じて、午前はノビタスで勤務、午後はオンライン授業といった形で時間を有効活用させてもらっています。他にも、学校の部活が終わってから出勤する学生さんや、アルバイトを梯子する強者などもいます。ノビタスでは自分に合ったシフトを組めるのが大きなメリットです。

 

ノビタスで働いて良かったこと、その三!
“充実の研修制度”

実は私、採用当初はアルバイトとして製品のメンテナンスを行っていました。初めは覚えることが多いのかな、と身構えていましたが、心配は不要でした。新人のアルバイトには初めに、「仕事内容確認チェックリスト」が渡され、一つ一つの業務を先輩アルバイトさんから丁寧に教えてもらうことができます。また、業務中に付けるネームタグに新人アルバイトは初心者マークがつくので、いつでも相談しやすい配慮がなされているのです。ちなみに、私は先日このタグが外れました~!ノビタスでも一つステップアップできた気がして嬉しかったです。充実した研修制度のもと、個々のペースに応じて少しずつステップアップできる環境も、ノビタスで働く魅力の一つですね!

 

今回は3つに絞ってのご紹介でしたが、他にもノビタスの魅力はたくさんあります。気になった方はぜひhttps://novitas.co.jp/recruit/ を覗いてみてください★

 

次回の#アモールノビタスは、ノビタスのオフィス紹介を企画しています。お楽しみに!

ブログ一覧に戻る