お問い合わせ

Blogブログ

2021年04月19日【突撃インタビュー!】新人社員さん 編

皆様、こんにちは!インターンの大久保です。新年度も始まり、新しい出会いがあってワクワクしますね!さて、そんなノビタスにも新しい仲間が加わりました~(拍手)ということで今回は、ノビタスで働き始めたばかり、人事の勝見さんに、突撃インタビュー!それでは早速参りましょう!

 

 

 

大久保:今日は宜しくお願いします!早速ですが、ノビタスを知り、入社を決めたきっかけを教えて下さい。

 

勝見さん:私は、大学では食品ビジネスという学科で学んでおり、新卒で大手の食品会社に入社しました。そこでは人事部に配属され、3年間働きましたが、2つの理由からノビタスに転職することに決めました。1つ目は、“今まで関わらなかった人々と出会いたい”ということです。大手の人事部は、役割が細分化されており、必然的に出会いは少なくなります。反対にノビタスのような中小企業では、人事の仕事が細分化されていないからこそ、社内の様々な人々と関わる機会が増えます。2つ目は、“ノビタスが自分の挑戦を応援してくれる”と感じたことです。チャレンジ精神を持っていれば、成長できる環境が整っています。

 

大久保:私も、“個人が成長できる場”というのがノビタスの大きな強みであると感じています。では、学生時代で心に残っている思い出を教えて下さい。

 

勝見さん:大学時代は、アイスホッケーのマネージャーをしていました。そのチームにとってのマネージャーは私が初めてで、当初は男子30人の中に女子は私1人だけという状況でした……(笑)でも自分からマネージャー業務を一から作っていって、最後には5人に増えました。そこで自分は“新しいことに挑戦していくのが好き”というのを発見することができました。

 

大久保:それは大きなチャレンジでしたね。勝見さんはフィギュアスケートのクラブチームに所属していたと伺いましたが、体を動かすのがお好きなんですか。

 

勝見さん:はい、休みの日は車で海沿いをドライブしたり、買い物に出かけたり、アクティブな性格だと思います。一日中家にいる日はほとんど無いですね。

 

大久保:ドライブは良いリフレッシュになりますよね!では、次の質問です。私は今、絶賛就活中の大学4年生なのですが、これから社会に出て働く人たちへのアドバイスがありましたらお聞きしたいです。

 

勝見さん:私が大切なのは『自分の意思で働く』ことだと思います。その中で、自分の思い描く理想の社会人像というのを“絶対的”なモノにしてしまうと、現実のオフィスワークでギャップが生まれたときに苦しい思いをしてしまうかもしれません。自分の中で“やってみたかった”という領域を広げることで、ポジティブに仕事に向き合えると思います。

 

大久保:確かに、やらされる仕事ではなく、自分から行動に移す仕事の方が楽しいですもんね。新しいことへの好奇心を忘れないようにしたいと思います。では、最後に、ノビタス、そして私生活での目標をお聞かせ下さい。

 

勝見さん:ノビタスでの目標は、この先もずっとノビタスで使われる様な制度を作り上げることです。私生活の目標は、結婚すること!(笑)できれば30歳までにしたいかな~と(笑)

 

大久保:どちらの目標も叶うように応援しています!(笑)本日は貴重なお話をたくさんありがとうございました!

 

勝見さん:こちらこそありがとうございました!

 

オムライスが大好物だという勝見さん、ちなみに卵はトロトロ派だそうです(笑)仕事の話から、驚きの学生時代まで面白い話をたくさん聞くことができました。改めて、勝見さんこれから宜しくお願いします!!

ブログ一覧に戻る

おすすめの記事