事業紹介
SERVICE

用語集

株式会社ノビタスで扱うシステムやソフトに関する用語をまとめました。
出典:日経パソコン デジタル・IT用語辞典 発行:日経BP社 ©日経BP社 2012

【ゆ】

有効画素数 ゆうこうがそすう;effective pixels

デジタルカメラの内部で、写真を撮影するために使われる画素の総数。デジタルカメラ製品の基本性能を示す指標として使われる。CCDやCMOSイメージセンサーなどの撮像素子が備える総画素数や、撮影した写真画像の画素数である記録画素数とは、必ずしも一致しない。
初期のデジタルカメラ製品は総画素数を表記するのが一般的だった。しかし、CIPA(カメラ映像機器工業会)が2001年7月にまとめたデジタルカメラのカタログ表記のガイドラインに従い、有効画素数を優先して表記することになった。

ユーティリティソフト utility software

主にコンピューターの機能や操作性などを改善する目的のソフトウエア。ファイル圧縮やスクリーンセーバー、メモリー管理、ウイルス対策などさまざまな用途のソフトが存在する。
ユーティリティソフトは、OSが提供する機能を補うなどの目的で登場する。一方、OSは機能強化の過程で人気の高いユーティリティソフトと同様の機能を取り込む場合が多い。

ユビキタスコンピューティング ubiquitous computing

あらゆる機器にコンピューターや操作が可能な装置が組み込まれ、相互にデータを交換し合い、情報を利用できるネットワーク環境を指す。ユビキタスは「同時にあらゆるところに存在する」という意味のラテン語。パソコンや携帯電話だけでなく、腕時計や眼鏡、指輪などの装飾品、家電製品などあらゆるものがコンピューティングパワーを持つことがユビキタスコンピューティングの姿とされる。
この考えが提唱されたのは1980年代後半だが、インターネットとモバイルコンピューティングの普及により、2000年ごろから実現可能な未来イメージとして注目されるようになった。

【ら】

ライセンス認証 ライセンスにんしょう;product activation

ソフトウエア製品の不正使用を防止するために、製品ライセンスを確認するための仕組み。アクティベーションともいう。米マイクロソフトがWindows XPやOffice XPなどから導入した。
ライセンス認証が必要なソフトウエアでは、インストールの際にパソコンのハードウエア構成などが精査され、その情報とユーザーが入力したプロダクトIDとを使って特別なID(インストールID)を生成する。これをインターネット経由か電話でマイクロソフトの認証センターに送ってライセンス認証を受ける。
いったん認証されると、別のパソコンに同じライセンスのソフトをインストールしても、ライセンス認証の手続きではエラーになる。Windowsの場合は最初にパソコンを起動してから30日以内、Officeの場合はアプリケーションの起動回数が規定の回数に達する前に、ライセンス認証を行う必要がある。
これらのソフトウエアがインストールされた状態で販売されるパソコンの場合は、メーカーからの出荷段階で認証が済んでいるため、ユーザーが行う必要はない。

【り】

リカバリー recovery

不具合の解消などを目的に、パソコンのハードディスク内にあるデータを、メーカー出荷直後の状態に戻すこと。個人向けのWindowsパソコンでは、ハードディスク内の特別な領域に、リカバリーに必要なデータを保存するものが多い。

リセット reset

機器やソフトの設定を初期状態に戻すこと。一般には再起動などで起動直後の状態に戻すことを指す。デスクトップパソコンでは、本体にリセット用のボタンを備えた機種がある。リセットボタンを押すと、強制的に再起動が実行され、保存していない作業中のデータは失われる。機器によっては、初期化を指す場合がある。

リムーバブル・ハードディスク removable hard disk

カートリッジに収めたハードディスクを着脱して使う記憶装置。iVDRなどの規格がある。1990年代には、駆動部のないディスク部分だけをカートリッジ化して着脱する仕組みの製品があった。

【る】

ルーター router

異なるネットワークを相互接続する機器。プロトコルを識別し、転送先を判断したり最適な経路を選択したりする。対応する回線の種別、プロトコルなどによって、用途や利用形態が異なる。LAN同士をつなぐローカルルーターやブロードバンド回線を複数の機器で共有するブロードバンドルーターなどがある。
OSI参照モデル第3層のネットワーク層で動作するものであり、対応するプロトコル以外のデータは転送しない。ネットワーク層のプロトコルとしてTCP/IPデータの転送ならIP、NetWareならIPXへの対応が必要。IPプロトコルのデータを転送できるルーターをIPルーター、複数のプロトコルに対応したルーターをマルチプロトコルルーターなどとも呼ぶ。

【れ】

レジストリ#1 registry

Windowsでシステムやドライバー、アプリケーションなどの設定情報を一元管理するためのファイル。通常はシステムなどが自動的に追加、変更、削除を行うので、ユーザーがレジストリの内容を気にする必要はない。付属のレジストリエディターという専用のソフトで編集することもできるが、むやみに内容を変えると不具合が生じる危険性がある。

【ろ】

ローカル local

ネットワーク環境で、自分の利用するパソコンや、そこに直接接続した機器のこと。例えば、「ローカルのハードディスク」「ローカルプリンター」などの言い方をする。

ローミング roaming

携帯電話やインターネット接続サービスなどにおいて、契約事業者のサービスエリア外で、その事業者と協業関係にある他の事業者のネットワークを利用すること。
携帯電話の場合、日本国内で使用する電話機や電話番号、メールアドレスを、海外渡航先でも同じように使える国際ローミングのサービスを各社が提供する。

露出 ろしゅつ;exposure

写真撮影で、カメラ内のフィルムや撮像素子に光を当てること。シャッター速度と絞りを変えることで、フィルムや撮像素子に届く光量を調節する。シャッター速度は光が通る時間を調節し、絞りは光が通る面積を調整する。
適正な明るさの写真を撮影するためには、適正な光量で露出する必要がある。光量が適正値より少ないと写真全体が暗くなる。これをアンダーと呼ぶ。逆に多いと写真全体が白っぽくなる。これをオーバーと呼ぶ。フィルムや撮像素子のISO感度を変えることで、光量の適正値は変化する。

事業紹介トップに戻る

お問い合わせ
CONTACT US

045-594-9006

平日:9:00 – 18:00

お問い合わせフォーム